×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

XBOX 360で 今夜も実績解除しよう! 本文へジャンプ












  






  

















  






















XBOX360本体の故障について


リングライトって?

 リングライトとはXBOX360本体の電源スイッチの周囲の部分のことです。リングライトは4つのクアドラント(円周の1/4)で構成されています。
通常電源が入っている状態ですと、緑色に点灯し、インジェクトボタンを押して、ディスクトレイが動作している間は点滅します。
動作中に上記とは異なる点滅した場合には故障の可能性があります。

リングライトのクアドラントが赤く4つ点滅する。

 AVケーブルの接続を確認しましょう。しっかり本体に接続されていないと4つ点滅します。

リングライトのクアドラントが赤く2つ点滅する。

 本体が熱を持ちすぎています。本体が冷えて点滅が止まるまで電源を切ってしばらく待ちましょう。

・リングライトのクアドラントが上記以外のパターンで点滅する。

 本体内部の異常が原因の可能性が考えられます。点検が必要なためカスタマーサポートセンターに連絡しましょう。
 

万が一故障したら?

  XBOX360本体が万が一故障したら、買ったお店に連絡するかもしくは直にカスタマーサポートセンターに連絡しましょう。
 連絡する際には本体のシリアルナンバー(本体もしくは箱に記載されている12桁の番号)をあらかじめメモしておきましょう。
本体が故障した際に本体のリングライトが点滅していたらその点滅の種類(いくつ点滅していたか)、またACアダプターのランプの色も確認しておくといいと思います。
 私も本体の故障経験がありますが、ゲーム中に突然本体の電源が落ちてしまい動かなくなってしまいました。
本体に目をやるとリングライトが赤く3つ点滅・・・。すぐにサポートセンターに電話で連絡し症状を伝えると本体の修理をすることになりました。
本体を修理に出す際にこちらから発送するか、サポートセンターが手配した業者さんに取りに来てもらうか選択することができます。私の場合、取りにきてもらいました。
 保証期間内ということで、送料も含め無料での修理となりました。時期にもよるのでしょうが私の場合1週間程度で戻ってきました。
 ネットなどで壊れやすいといわれていますが、もし心配なら購入店で長期保証が受けられるようならぜひそれに入った方が無難かもしれません。